2019年7月17日水曜日

マナーを守ってますます楽しく応援しよう!



ライブやフェスが多数開催される夏ですが、チケットを取る為、もしくはライブを観たのがきっかけでファンクラブに入る方もいらっしゃると思います。
今回は「ファンクラブ」について書いていきます。

※個人ブログでは「ライブのマナー」について書いてます!
あれはOK?これはNG?意外と知らない?ライブマナー



*会員証と身分証明書はコンビのようなもの

多くのファンクラブでは、入会からだいたい1ヶ月ほどで会員番号とお名前が入った「会員証」が届きます。
こちらはファンクラブ限定イベントの参加や、ファンクラブ会員限定グッズの購入の際に必要なので、大切に保管しましょう。
また、会員証を持っていても身分証明書(写真付が望ましい)がないと本人確認にならない…ということもあるので、イベント参加の際は会員証と一緒に身分証明書も持っておくことをおすすめします。



*ファンクラブのコンテンツをSNSに載せるのはご法度!

ファンクラブ限定の日記や写真を見ることができ、アーティストさんの意外なギャップにより一層魅力を感じるのがファンクラブならではの楽しみです♪
ファンクラブの画面をスクショしたり写真を保存して個人で思い出として楽しむのはもちろんかまいません。
しかし、その写真をSNSに載せたり、感想を内容が明らかにバレるような書き方で書くのはご法度です。
ファンクラブのコンテンツは、会費を払った人が楽しめるものであり、会員以外の人にも見れる・内容が分かる状態にしてはいけません。



*一番大事なこと!「応援する」という気持ち

SNSにはあまりファンクラブのことを書けない、でもアーティストさんに感想や応援してる気持ちを伝えたい…そんな時こそ「ファンレター」「ファンメール」です。
公式サイトやファンクラブの「Q&A」「よくある質問」などを見てみると、ファンレターやファンメールの宛先が載っていることがほとんどです。
また、ファンクラブに載っていた宛先に送れば「この人はファンクラブにも入ってくれてるんだ!」というのが分かるので、会員の方はぜひそちらに送ることをおすすめします◎
また、ファンクラブ内に感想を書く為やファン同士の交流の為に掲示板を設置しているアーティストさんもいるので、そちらを使うのも良いですね♪


お気に入りのアーティストさんの為にも、マナーを守ってますます楽しく応援していきましょう♪

written by mary

2019年7月16日火曜日

徒然なる日々 梅雨の晴れ間




出典元:photoAC


梅雨の晴れ間で良い天気になりました。

3連休の最終日、お昼すぎから30度を超え、日差しがじりじりと焼きつくようになりました。


さすがにエアコンを入れましたが、今年は日中でもエアコンなしで過ごせる日が続いています。


珍しく買い物についていきました。

スポーツショップでポロシャツをもとめたのですが、すでに夏のプライスダウンが始まっていました。

そんな時期かな??と、なんだか浮世のごとしです。

外に出なさすぎ?かもしれません。

とりわけ外にあまり出なくても問題がないので、自分では気づかなかったのですが、部屋で活字を追っていることが多いです。


もう赤とんぼがたくさん飛んでいました。

こんなに早くから目にしたかなぁ~と、一瞬思いましたが、ソフトのグラウンドでそういえば今頃もういたかもしれないと思い出しました。

外野は芝生なのでトンボがよく飛んでいました!


旧暦の暦では、すでに小暑がすぎて来週は大暑です。


暑中見舞いの最中になってきますね!

最近はなかなかはがき1枚出すことが少なくなってきましたが、時候の挨拶を出さないとと、ふっとカレンダーを見上げて思い出しました。


今年も半分が過ぎてしまったと思うのか、あと半分残っていると思うのか・・・



出典元:photoAC


どうも梅雨入りは遅かったものの、梅雨明けは例年通りになりそうです。

野菜が日照不足で生育に影響が出ているので気がかりで、美味しい夏野菜が欲しいですね♪


自然の恵みをコントロールすることができないのはロボットが活躍する時代になっても変わらないでしょう。

なないろ虹の日 7/16  フジファブリックの「虹」を


716日は「虹の日」です。



7.16なないろなので、虹。

2019年7月は、現在までのところ日照時間が記録的に少ないようです。

1993年の冷夏に匹敵するとか。

いまでもよく覚えています。

冷夏で米不足となって、タイ米の輸入が行われた年ですね。

個人的には、1993年の夏は、野外でのイベントが多かったので雨の印象は薄いのです。

記憶は、自分に都合の良いように変わるものなのかもしれませんね。




【ちょっとメモ】
1993年の米不足は、1993年米騒動平成の米騒動と呼ばれているそうです。

冷夏の原因は、フィリピンの火山噴火。1991年6月のMt. Pinatuboピナトゥボ山の大噴火です。


虹の曲


「虹」に関する名曲は、たくさんありますよね。

私がすぐに思い浮かべたメロディは、フジファブリックの「」です。

フジファブリックを聴いていると、雨も曇りも悪くないなと思えてきて、雨あがりの晴れ間を見つけたとき歓喜したくなるほど嬉しくなります。


梅雨が長引いて太陽が見えにくいときに、気の晴れる音楽です。



SNS#虹の日


それではSNSで見かけた「虹の日」に関するツイートを、いくつかご紹介します。


















まいったな。フジファブリックの「虹」と「若者のすべて」を朝から聴いていたら、なんたがポジティブな感情がよみがえってきましたよ。

今日も頑張ろう。そのためにもリラックス。




すてきな夏を! VIVA!!


written by 水瀬次郎





2019年7月14日日曜日

海の日 2019



2019年の「海の日」は、7/15(月)です。


海の日は、7月第3月曜日。



2020年の「海の日」は、7/23(木)です。




海を記念していてる祝日は、日本独自らしいですね。

海と縁のある国は多くても、「海の恩恵に感謝して、海洋国としての繁栄を願う」という趣旨で祝日にしているのは日本だけというのは意外だなと思いました。


連休にするために第3月曜日が海の日になりましたが、それ以前の7/20の印象が個人的に強いです。祝日ですがイベントに朝から出かけたりして、あわただしい一日だったような記憶があります。

『連休にするために第〇月曜日を祝日にする』のは、ハッピーマンデー制度にもとづいています。


2019年は、梅雨空のなかで「海の日」となりそうですが、海の幸をいただきながら祝うのも良いかもしれません。











すてきな夏を! VIVA!!


written by 水瀬次郎



2019年7月13日土曜日

こういうことも歌になるのか!と思った話

今回は「こういうことも歌になるのか!と思った話」というテーマで、三曲紹介します。


日日是好日 藤巻亮太
「日日是好日」というのは「ひびこれこうにち/にちにちこれこうにち」と読み、禅の言葉の一つです。
参照『日々是好日 | 禅語を味わう || 黄檗宗 少林山達磨寺
凄く生命力溢れる楽曲で、沢山の人々が楽しそうに踊るセピア色のMVも美しいです。
また、一番に「ナイフ」、二番に「カミソリ」と別々の刃物を歌詞に入れているという点など、言葉選びの上手さが個人的にお気に入りです◎


どこもかしこも駐車場 森山直太朗 
「どこもかしこも駐車場だね」「こんなになくてもいいのにさ」という言葉、歌う森山さんの周りを歩きスマホをする人々が通りすぎていく…というMVが何ともいえない切なさ、もどかしさを感じます。
この曲の歌詞について考えている時に、小さい頃近所にあった田んぼがいつの間にか駐車場になっていたことを思い出し「あの曲のメッセージって、ああいうことかな」と思いました。


ゴミ箱から、ブルース 竹原ピストル
ドラマ「バイプレイヤーズ」の二期のエンディング曲です。
焚き火を囲みながら名脇役たちが竹原さんの歌を聴くMVは凄く味があります◎
「ひっくり返ったゴミ箱みたいな夜から転がり出してきたこの歌」という歌詞、ひっくり返ったゴミ箱の上に三日月が出ているジャケ写がポイントです。
参照『竹原ピストル ゴミ箱から、ブルース 歌詞 - 歌ネット


禅の言葉、駐車場、ゴミ箱…
アーティストさんの意外なところに目をつけるセンス、それにより生まれた音楽がきっかけで日常の風景の見え方が変わることが凄く素敵で、暮らしの中に音楽があるのはやっぱり良いなあと思います♪

written by mary


2019年7月12日金曜日

一番喜んでいるのはフジテレビかな? 村田涼太選手完全リベンジで王座奪還


村田涼太選手が9ヵ月前に敗北したロブ・ブラントに完全リベンジで王座奪還しました。村田涼太選手の試合はフジテレビが放映するので、これからも村田涼太選手の試合の放映が出来るフジテレビの上層部が喜んでいるのではないでしょうか。村田選手おめでとうございます。

written by 仮面サラリーマン

徒然なる日々 漆塗





前回能登半島の景色を紹介しましたが、ふっと思い出したのが輪島塗です。

北陸地方は漆塗でも有名な地域です。

その代表格が輪島塗。

金粉をたっぷりと使って豪華さが見事です。

細工の方法も色々あり、螺鈿(らでん)、高蒔絵、梨地など。。。

螺鈿は、貝がらの内側をや虹色の光沢のある部分を切り取り、漆地にちりばめて、金の中にちらっと輝きを持たせ、華やかさが増します。

高蒔絵は、金粉が平面より浮き出るように盛り上げた下地に金粉を蒔くので表面を触れると段差があるのが確認できます。(自分のものになった後でお試ししてくださいませ)

梨地は、金の粉などを蒔いたときに表に粒粒感が残っているような蒔絵方法。宇宙の星を思わせる技法です。


漆と聞くと「黒」のイメージが強いですが、「白」や「赤」もあります。

木の素材を出す透明漆もあって、技法によって様々な色が出てきます。


木の素材感が出る根来塗もなかなか味わいがあって、一時期とても凝って集めました。

器が立派だと単純な料理でも豪華に見えるのは目の錯覚でしょうか。

勝手ながらその錯覚を多いに利用して毎日使う器を考えるのも楽しみの一つです。



茶道に造詣の深い前田藩の膝元であったことも、工芸品の伝統が長く伝わった理由の一つかもしれません。

茶道が盛んな地域は和菓子が美味しいといわれています。

北陸地方にも有名な和菓子店が沢山あり、お菓子と抹茶の組み合わせがとても馴染んでいます。

海の景色が少し寂しく感じたのですが、別の面を見るととても華やかな伝統が残っていることに気づきました。